せどりで売れない・儲からない理由と不調時の原因解消法

悩む男

せどりで売れない・儲からないのには理由があります。売上不調に陥ってしまい在庫ばかりが増えていく状態になるのにも原因があります。解消法の予備知識を脳にインストールしておけば、イザという時凹まず解消できます!

 

仕入れ基準の甘さ

以前の”せどりの仕入れ基準はランキングが最重要ではない!?“という記事でも仕入れ基準について書かせていただきましたが、本当にコレが疎かになるといくら仕入れても売れません!

ちゃんと仕入れ基準を明確にしていても疎かになりがちな例としまして、

月に1回しか売れていないのに最低価格に複数出品者がいる

これは結構やらかしてしまう人は多いパターンだと思います。価格差のある商品を見つけて喜び勇んで仕入れてみたのは良いものの、最低価格or最低価格を競っているセラーが複数ある状態に気付いていなかった場合ですね。

価格変更も最近ではツールで自動的に最低価格マイナス◯円で設定出来たりするので、物によっては複数のセラーが揃っている時点で値下げ合戦がはじまる場合があります。

仕入れてから出品者が急激に増えるパターンもあるので一概に仕入れ基準が甘いというだけでなく、枯渇商品の再販等の情報も加味しなくては様々なアクシデントに対応する事は出来ません。ですので、基礎である仕入れ基準はブレないようにしておく事が必要です。ブレてしまうと何が原因で売れないか判断が出来なかったり遅れてしまったりするからです。

よく売れているが実は中古品が売れているだけで新品が売れない商品だった

これも仕入れ基準に是非盛り込んでいただきたいポイントです。
グラフ的にはよく売れおり、新品で価格差のある商品を見つけた場合、チェックするのは中古と新品の価格がおかしいくらい開きがないか確認します。新品の価格設定が明らかに高すぎる場合は、さらに新品出品者数の変動をチェックします。

メーカーで精算の終わって人気のある商品は価格のプレミア化が進む商品と、中古が出回っているので新品価格のプレミア化はしない商品があります。しかし後者の商品でも希少性は高いためか、やたらと高い値段設定をしているセラーがあります。

ずっと不良在庫として残っている商品の価格設定を参考にしても当然売れるわけがありません。これは逆に新品しか売れていない商品の中古品を仕入れる場合も同様のことが言えます。

今回は私自身がやらかしてしまった体験談を例にとって2件ご紹介させていただきました。このような状態に陥らないように、仕入れ基準はとにかく土台としてしっかりしたものを構築しましょう!

 

販売手法による原因

創造性

仕入れ基準も明確にし、しっかり売れるものを仕入れたとしても販売手法を誤ると売れない・稼げないといった自体に陥ってしまいます。

自己発送とFBA発送の価格設定の違い

Amazonで販売する上で大きく分けて小口と大口の出品者にアカウントがわかれます。大口出品者の登録を行うことでAmazon側で梱包・発送・集金まで行ってくれるFBAというサービスを利用する事が出来ます。

価格設定を行う場合、仮に同じコンディションであったとしても実は自己発送を行っているセラーよりFBAで出品しているセラーの方が価格を高く設定していても売れます。

なぜFBAの方が高く売れるのか?というと、理由は様々ですがサービス的にAmazonと同様のサービスが売れけますで、コンビニ受取やお急ぎ便等のサービスを活用したい人はAmazonが出品している製品か大口出品者のFBA出品されている製品から購入するわけです。

ですので価格設定時に、よく売れている商品をFBA出品する場合はFBA最低価格に合わせる価格での販売を行うことで利益を増やすことが出来ます。

商品紹介コメント

Amazonで中古品の出品を行う場合、状態を説明するコメントが重要になってきます。新品もコメントを記載できますが、そもそも新品の場合はカート取得といってコメント以前のハードルをクリアした方がよいのですが、それはまた別の機会にご紹介します。

中古品の場合でもヤフオクと違い写真の掲載はする必要がありません。(掲載は可能ですし、その方が販売に繋がりやすかったりします)その代わりコメントを充実させる事で販売を促進する事が出来ます。

例えば付属品が貴重な商品の場合、その状態や存在の有無は当然コメントの最初の方に記載した方がよいです。メディア系であれば盤面の状態を重要視するお客様もよくいらっしゃいます。

付属していて当然の物も事細かく記載する事で信頼して購入に繋がる事もあります。たまに見かけるのが『私は素人です。個人でやっていますので過剰なサービスは求めないで下さい。』といったような内容をわざわざ記載しているセラーをみかけますが、絶対に真似しないで下さい。

Amazonで販売するという事はガイドラインにも記載の通り、要求水準は高くオークションサイトで出品するのとはわけが違います。Amazonで出品しているという事は例えアナタ一人であってもプロとしての仕事が求められるという事を肝に銘じておく必要があります。

それを意識したコメントであれば、どういった内容がユーザーに響くか?自分だったらどういう情報が記載されていれば嬉しいか?そういった事を意識しながらコメントは考えてみてください。

 

取り扱いの幅を広げる

本棚

メディア(CD+DVD+BD等)にはメディアの、本には本の、グッズ(キーホルダーや日常品等)系にはグッズ系の売れる時期売れない時期という物があります。

しかしながら全く売れないという時期はありませんので、こういう時期的な売れ行きの波を解消する為には同じジャンルで取り扱い種類を増やしたり、今まで取り扱っていなかったジャンルにも挑戦していく事が売上の安定につながっていきます。

とはいえ、むやみに取り扱い幅を広げる事はしないで下さい。あくまで一つのジャンルで十分稼げたと実感してからにして下さい。例えばアニメ系のメディアを取り扱っているのであれば、稼げるようになっている頃には人気タイトルも把握している状態になるので、フィギュア等のホビーやグッズへ取り扱いを拡充すると既に持ち得た知識でリサーチしていけるので有利な状態で展開出来ます。

 

まとめ

いつでも肝心なことは基本に立ち返る事です。重要な事は仕入れ次に販売時の価格設定やコメント、次に取扱商品の量・ジャンルの拡大です。そしてチェックを繰り返す事です。

どんな問題にも解消するタネが必ず潜んでいます。自分で考えれる部分は考え尽くしたけどわからない!という方はご相談下さい!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ