せどりの仕入れ基準はランキングが最重要ではない!?

折れ線グラフ
以前書いたコチラの記事:せどり初心者が売れない・仕入れ出来ない等悩むポイント4選“売れない・売れても損切りばかりしている”の項目で[仕入れ基準が楽観的すぎる]という、うまくいかない原因をあげました。

今回はその仕入れ基準が楽観的になってしまう原因や、基準を明確にしてブレない方法をご紹介します。

まず、せどりで仕入れを行う際にランキングばかり重視するあまり結局稼げない商品を仕入れてしまう人が多々います。ランキングは参考データの一つに過ぎませんし、全く参考にならない場合さえあります。

 

仕入れ基準とは?

せどりで稼げないパターンで良くあるのが仕入れ基準が明確でない場合です。

やたらと価格差の大きい商品ばかりを仕入れて不良在庫を抱えたり、仕入れ金額の割に販売価格が低く利益率が低かったり、資金回収のために損切りばかりを繰り返したりしている人は多いと思います。

仕入れ基準とは、自分の状態に合わせたビジネスプランの一つです。しかし、このプランを深く考慮しなかった場合に上記の様な悲劇的な状態に陥ることになります。

仕入れ基準を策定するにあたり、自分自身の以下項目を把握しておく必要があります。

  • 資金力
  • モチベーションタイプ
  • 仕入れの実力

各項目について、なぜ把握が必要か細かくみていきましょう。

資金力

資金がいくらあるかで戦略が全く異なってきます。
例えば10万円しか資金がないのに、2万円の仕入値で在庫として1年間保持するような売れ行きの商品は良い戦略では無いという事がわかると思います。

少ない資金の場合は、低単価・高回転の商品で資金を回転させながら、利益を少しづつ増やしていく形がセオリーです。

数百万ほど資金がある場合でも、1年に1回しか売れていない商品は不良在庫になり得るのでオススメは出来ません。最低でも月に1回は売れているような商品でなければ、ライバルの出現による値下げ合戦になり最悪損切りの赤字になる可能性もあります。

モチベーションタイプ

これは利益率を考える時に重要なポイントになってきます。

人には様々な主観があります。せどりの売れ行きも毎日絶対少ない利益でも数が売れて欲しいタイプと、1日の売れ行きはそんなに数がなくてもいいから1個の利益が大きい方が嬉しいタイプと色々あると思います。

当然人によって前述の資金力の件もありますので、上記の利益は率になります。
1000円で仕入れた物が利益200円出る商品が5個売れた方が嬉しいか、5000円で仕入れた物が利益1000円で1個売れた方が嬉しいか?という違いです。

細かい点で人によれば『そんなのどっちでもいいよ』という方もいらっしゃると思いますが、こういう細かい点をいちいち考えながらプランを練ることに意味があります。

将来的には単価は上げていく事が理想ですが、相対的に利益率が低いものの方がみつけやすいので資金力と後述の仕入れの実力とバランスを見ながら検討していきます。

仕入れの実力

例えば初心者の人が30分かかる仕入れのリサーチが熟練者では5分かからない事はよくあります。なぜかと言うと既に相場を把握していたり、以前自分が取り扱ったことのある商品だったりして情報が頭の中に入っていたりするからです。

仕入れの実力=経験+知識

となります。つまり、せどりは継続すればするだけ稼ぎやすくなります。
そこに正しい知識を加えていくことで成長を加速させていくことが出来ます。

仕入れの実力がついてくることで選択肢が増えてきます。実力がついてくる頃には資金も当然増えてきますので、相乗効果でビジネスプランである仕入れ基準の選択肢はドンドン増えていきます。

 

仕入れ基準にランキングが最重要ではないとは?

グラフ
仕入れ基準に今現在のAmazonのランキングばかりを重視する人がいますが、それは誤っています。いくらランキングが高くてもAmazon本体からしか売れていなかったり、今のランキングが既に下降状態にあって仕入れて出品する頃には全く売れない商品になっている可能性もあります。

その為、現状のランキングだけで仕入れを判断するのではなく、Amazon販路のせどり仕入れツールは無料のコレだけで十分!で書いたようにモノレートのような直近数ヶ月のランキングや出品者数の変動をチェック出来るサイトやツールから情報を得て仕入れ基準を策定すべきです。

仕入れ資金が少ないうちは1月に1回しか売れていないような回転の遅い商品ではなく、数回売れているような商品を狙うべきです。回転の早い商品であれば仮に仕入れ判断を誤ったとしても、損切りもしくは利益なしの状態で早々に売り切ってしまって資金の回収が出来るからです。
今回は人ごとのタイプ別を交えた仕入れ基準の考え方の一例を記事にしてみました。
もし、自分の今の状態に合わせた仕入れ基準をどうすればわからない!という方はお問い合わせ頂ければと思います♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ