せどりをビジネスとして取組む場合に仕入れリストは必要?

紙を破く

せどりで仕入れリストを宝の地図のように考えている人が大勢いますが、そんなもの不要です。他人が作ったリストなんて破り捨ててしまいましょう。

 

仕入れリストは必要?

最近ではネット上にさまざまな仕入れリストが無料で配布されています。

場合によってはドコで仕入れた商品なのかも書かれており

・決められた場所に行って
・決められた物を買って
・決められた場所で販売する

そうすると利益になってハッピー?って感じですかね?

せどりを単なるお小遣い稼ぎ程度に考えているのであれば、それでもいいかもしれないです。

他人に決められた事をして、想定される収入を得るのはアルバイトみたいで楽ですしね。

そういったスタイルを否定するつもりはありません。ただお金が欲しければそれでいいと思います。

ただ私はコンサル生に

「仕入れの商品リストなんかいらない」

と言っています。

 

理由として

・体験にはなるが成長にはならない
・無料のリストは出回る数だけ競合が増える商品
・リストに依存するようになる
・収益が安定しづらい

といった傾向があるからです。

 

突発的に二・三十万くらいを稼ぎたければこの方法でもいいですが、そうではなくしっかりと利益を伸ばしていきたい場合はリストに頼った仕入れでは難しいです。

確かに他人が取り扱った事のある商品を販売する事で体験の一つにはなりますが、なぜその商品を仕入れたのか?どうして利益が出るのか?というところまで考えない人がほとんどです。

またリストが自分だけに配られたものであればまだしも、不特定多数の人に配布されたものであれば、間違いなく通常とは違った勢いで販売者(つまりライバル)が増える事になります。

その結果価格競争が増えて、最終的には利益が得れないところまで価格相場が下がってしまう商品もあります。

次に、配布されたリストからしか仕入れできないようになってしまうと、新しいリストがなければ収益を上げる事が出来なくなってしまいます。

その結果収入が安定しない、という事態に陥る事となります。

 

次のように考えている人は続きをお読み下さい

・大きく稼いでいきたい
・安定した収益にしたい
・独立して様々なビジネスを展開していきたい

一時的な収入でアルバイト的に稼ぎたい人は、この後の情報は必要ありませんのでリストを探された方がいいです。

 

 

リスト不要の仕入れ方法

ALLCHECK

私がせどり初心者の人に最初にお伝えする仕入れ方法が

【全頭検索】

です。これさえすればリストなんか無くたって仕入れできます。

全頭検索はせどり用語で『一つ残らず調べる』という事です。

例えば、ドライヤーを仕入れたい場合

実際の店舗であれば、家電のドライヤーコーナーに行って全商品リサーチをします。電脳仕入れであれば、オークションサイトやWebショッピングサイトでドライヤーを検索して、ヒットした商品全てをリサーチします。

「売れそうだな」とか、逆に「売れ無さそう」といった余計な意識はひとまず置いといて、全てをリサーチする事に全力を注ぎます。

調べた結果、利益が出る商品が見つかれば当たり前ですが仕入れれればいいですし、結果的に無かったとしても、商品知識とその店のドライヤーコーナーには仕入れる品がないとわかっただけでも収穫となります。

実はこれを繰り返すだけで、オリジナルのリストが脳内に蓄積されていきます。

何故その商品を仕入れるのか?
どれくらいで売れるか?
利益率はどれくらいか?

自分で仕入れる場合は当然上記の事を考えながら仕入れる事になりますので、分析力も高くなり、経験も詰めるので成長もしていく事が出来ます。

 

本当は全頭検索すれば良いとわかっている人でも、ついつい楽な方法が無いかとリストやツールに頼って、結局継続した稼ぎを得ることが出来ずに最終的にせどりを諦めてしまう人も少なくありません。

メジャーリーガーのイチロー選手も

「楽して一流になれないかなって考える事はありますけど、結局ないんですよね。楽して一流になんてなれないんです。」

と言っている通り、あのイチロー選手ですら時には「楽してぇ・・・」と思うのに、一般人の我々がそう考えるのは当たり前の事です。

今稼げてい居ない人・これから始める人は、まず全頭検索という地道な作業が今後を決める!という思いで取り組んで下さい。

 

まとめ

色々厳しい事を書かせて頂きましたが、本来せどりは結果も出やすく楽しいビジネスモデルです。

何と言っても自分の好きな商品をリサーチしまくるだけでも収入に繋がったりするわけですしね。

 

基本となる全頭検索をすればリストは必要ありませんが、全頭検索が苦痛に感じないように工夫をしましょう。

ずっと見ていて飽きない商品ジャンルがあれば、最初はそればっかりリサーチしていきましょう。

そういう商品が無い場合は、色んなジャンルの商品をリサーチしてみて楽しく出来るジャンルを探すことが最初に決めるべきことになります。

 

全頭検索→仕入れる→売れる

という一連の流れを体験出来れば、経験値が大きく得れます。

この1歩が踏み出せるかどうかが最初の壁になりますので、挫けずに取り組んでいきましょう。

 

わからない事や疑問・不明点はそのままにせず、お問い合わせ頂ければ回答させて頂きます。

それでは、最後までお読み頂きありがとうございました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ