せどりでAmazonヤフオクどっちがいい?有効な使い分け方法

天秤
国内物販せどりにおいて有名な販売場所にAmazonとヤフオクがありますが、どちらが販売する場所としていいのでしょうか?今回はそれぞれの強みと弱みを踏まえて、それぞれの有効な使い分け方法を解説していきます。

 

Amazonで販売するメリット・強み

何といっても集客力です。販売しだしたらわかりますが、お客様第一目線のサービスが様々なところで盛り込まれており、通常の販売サイトではありえないサービスもある為納得の集客力があります。

特にランキングの高いものはユーザーから信頼が高く、それを元に購入を決めているユーザーが沢山います。その為、Amazonランキングによる仕入れ基準・指標が非常に後押しとなります。

また個人で取り組むのに最適なサービスがFBA(フルフィルメント・バイ・アマゾンの略)つまり在庫保管・商品の受注から決済・返品対応業務全般をAmazonが行うサービスがあります。本業がある人でもFBAでAmazonに任せておけば働いている間に上記業務を全て対応してくれます。

さらにFBAは通常発送とは違い、品質やサービスがAmazonと同等のものが受けれます。コンビニ受取・支払いやお急ぎ便に海外発送と様々なサービスを活用出来ます。その為、通常発送出品者よりもサービス付加価値をつけた金額で販売が可能となります。

 

Amazonで販売するデメリット・弱み

お客様第一目線のサービスですが、これは販売者にとっては痛い部分であったりします。例えば新品でも問答無用で返品受付してみたり、DVD等を1ヶ月後に返品受付してみたり、返品物が別の不良品と差し替えられたりします。当然Amazonは証拠を示せば保証してくれますが、その分手間がかかります。

あとはせどりの仕入れで簡単にAmazon手数料を計算する方法でもご紹介した通りカテゴリ別に手数料が定められていますが、これが%換算の手数料となるため高額商品であればあるほど高い手数料をとられます。

 

ヤフオクで販売するメリット・強み

オークション

手数料の安さと写真掲載や紹介文章の作り込みによりサービス提供出来る部分になります。また、希少価値の高いものや高額な物はAmazonで販売するよりもヤフオクで販売した方が売りやすいパターンがあります。

特に中古品しか存在しないものや希少価値の高い商品や高額商品は、個別の状態がわかりにくかったり販売者の傾向がつかみにくいAmazonより個人から購入した方が安心と考えるユーザーが多いからです。

また自作のものやAmazon上で商品ページが無いものでも気楽に出品出来ますし、Amazonと比べると出品者に厳しい規律を設けておりませんので、小規模でまず始めたい人は最初にヤフオクから始めるのもひとつの選択肢だと思います。

 

ヤフオクで販売するデメリット・弱み

基本的に全ての作業を全て自分でしなければいけない点にあります。外注化を行っているサービスもありますが、そうなってくると利益率が大きく下がってきます。

また個人間でのやりとりになる為、クレーム等のトラブル発生は基本的に全て自分で対処する必要があります。販売量が増えれば増えるほど作業量が増加していく傾向にあります。

 

Amazonとヤフオクの使い分け・併売をオススメ!

!

上記で書いたようにそれぞれに旨味があるので、回転の早いものはAmazonのFBAを活用しつつ気長に売って行きたいものや自作の作品等を販売していきたい場合にはヤフオクという風に使い分けをしていけば良いと思います。

さらに、どちらでも販売の機会が平等で悩むなぁ…という場合ですが、AmazonのFBAにはマルチチャネルというサービスがあり、おなじみアマゾンマークの箱ではなく無地の箱で発送してくれるサービスがあります。

このマルチチャネルを活用する事で回転の遅い商品等をAmazonとヤフオクで併売する事が可能となります。

販売先を販売チャネル:流通経路と読んだりするのですが、この販売チャネルを複数持つことで販売しやすくなっていきます。その為、Amazonかヤフオクかどっちがいいか!?と考えずに、いいとこ取りで活用していく事でスムーズに仕入れと販売を展開していけます。

 

今回はさらっとAmazonとヤフオクの違いについて記事にしてみました。今後も活用事例をどんどんあげていきたいと思います!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ