せどりの仕入れで簡単にAmazon手数料を計算する方法

数字

せどりの仕入れ時に重要な事のひとつに効率化があります。Amazonの手数料を計算するサイト・ツールがありますが、わざわざ開いていては時間がもったいない!スマホの電卓があれば簡単に計算できる方法があります。

とはいえ慣れないうちは思いがけない計算ミスによって手数料の計算ミスをしてしまう事もありますので、慣れるまでは最初にご紹介するAmazonの手数料を計算するサービスで確認するようにして下さい。慣れてきたら後半でご紹介する電卓での即算方式に切り替えていったほうが効率もあがります。

 

FBA料金シミュレーターの使い方

Amazonでは販売する商品の種類毎に手数料が異なります。
最新情報は下記リンクから確認が出来ます。
Amazonの出品手数料と価格設定

取り扱い商品のジャンルが多い場合は慣れるまで手数料が覚えれなかったりします。何度も計算するうちに自然と覚えれるのですが、なぜか思惑とは違うカテゴリに登録されている商品もあったりしますので、手数料に関して自信がない場合はこちらのFBA料金シミュレーターの日本版を使います。

Amazon.jpで商品を検索のスグ下の検索ボックスで商品名やASINコード(Amazon独自コード)等で検索をかけていきます。あとは商品代金欄に販売額を入力して右側にある計算ボタンを押せば手数料が計算されます。

この手数料をしっかりと把握しておかないとコストの計算が出来ないという事になります。必ず管理・把握しておくようにしておく必要があります。

FBA発送(Amazonに在庫管理・配送等のフルフィルメントサービス)納品時の配送料や出荷準備費用の欄にもコストを入力する事が出来ますが、ここに仕入れ価格を入れることで粗利益の計算まで出来ます。(粗利計算はあくまで正規の利用方法ではありませんので、正確な値が出ない可能性があります。)

使ってみるとわかるのですが結構時間がかかりますし、PCで電脳せどりを行っている状態であるならまだしも店舗で仕入れを行う際にスマホでこの画面を使うのは手間がかかります。

 

電卓で大まかなAmazon手数料を計算する方法

電卓

では例として、今回はCDを仕入れる事にしましょう。

3,500円で販売した場合、手数料15%の他に成約料等もろもろのコストが大体300円ほど引かれて、実際に振り込まれる額は2,660円程になります。

上記の計算式は至って簡単です。15%割引された金額をまずは算出したいので、販売しようとしている金額の85%を掛ければOKですので、3500×0.85になります。次に概算のコスト300円を引きます。

3500×0.85-300=2675

このような感じで大まかにですが計算する事が出来ます。

 

仕入れ効率化計算応用編

ポイント

上記を踏まえた上で、電卓すら使わずに仕入れ基準を満たしているかどうかの判断を即座に行っていく方法も知ってしまえば『なーんだ』って感じですが、これを把握しているだけで仕入れ効率化は必ず行えますし、仕入れ量も比例してあがっていきます。

まず必要になるのは仕入れ基準です。手数料の設定についてはせどりで成功するリサーチ方と基準についてせどりの仕入れ基準はランキングが最重要ではない!?をご参照下さい。

今回の基準は利益率約20%以上と設定したとします。
次に手数料ですが、上記と同じくCDを仕入れたとして15%コストがかかると考えてみます。

合わせたら35%という値を覚えておいて下さい。

次に仕入値1,850円の商品をリサーチしてみると相場が3,500円程で推移している事がわかりました。
さて、この商品は自分の仕入れ基準を満たしているでしょうか?

基準値を割り出したい場合は、先ほどの計算式と違い、コストを引いた数値から割返します。つまり、仕入値1850に対して0.65で割ればいいのです。しかしこれは諸手数料も入っていませんし、仕入額が低い場合致命的な計算ミスをしでかす場合があります。

というわけで、暗算もしやすい0.6で割ります。当然この値は仕入れ基準があがれば、0.5・0.4となっていきます。

話が逸れました。1850/0.6は3083.333となります。リサーチした際の相場は3,500円でしたので、仕入れ基準を満たしているということになります。

試しに計算してみましょう

3500×0.85-300=2675 振り込まれる額
2675-1850=825 大まかな粗利益
825/3500*100=24% 利益率

利益率24%が見込める商品という事でバッチリ仕入れ対象確定です!

このような感じで自分の仕入れ基準に基づいた計算方法を認識しておくだけで、仕入れのスピードは全く違ったものになっていきます。

 

今回の計算式は小学生レベル算数の話ですし、そんなに難しい話ではないと思いますが。最初のうちは考え方の部分で慣れないところや意味がわからな点もあるかと思います。個別例で御質問があれば、遠慮なくお問い合わせフォームから御連絡頂ければと思います。

それでは、本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

2 Responses to “せどりの仕入れで簡単にAmazon手数料を計算する方法”

  1. Ayumi より:

    こんにちは!
    ブログランキングから遊びに来ました!

    せどりは数字との戦いですね~
    頑張ってください!

    応援ポチです^^

    • TAC より:

      おはようございます!
      コメント&応援ありがとうございます。

      お返しの応援ポチさせていただきました~

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ