Amazon販路のせどり仕入れツールは無料のコレだけで十分!

虫眼鏡
Amazonで販売していくスタイルのせどりにおいて、仕入れ時に使うツールは今回ご紹介する無料のもので十分です。
特に初心者や今現在思うように稼げていない人で有料ツールを使っている人は、今回ご紹介する方法が身についてから有料ツールを使う事で仕入れが加速します!

 

オススメというか必須のツール

今回ご紹介するツールはモノレート(旧Amashow)です。
既に実践中の人はよくご存知だと思いますので『なーんだ』という感じだと思われますが、ちょっと待って下さい!

今現在このモノレートだけ使って仕入れが出来ていない稼げていない場合は、どこか見なおさなければいけない状態である可能性が大きいです。

 

モノレートとは?

モノレートはAmazonのデータを蓄積し、最安値・出品者人数・ランキングの変動をチェック出来るサイトです。
上記にリンクしてあるようにツールというかサイトなので、パソコンだけでなくスマホでもチェックが出来る優れ物です。

無料とはいえ凄まじい情報量です。月にどれくらい売れているのか?価格の変動は?相場は?新品が売れているのか?中古が売れているのか?そういった情報を読み解きながら、自分の仕入れ基準に合致したものを仕入れていくという事になります。

逆に上記の情報がなければ、一年以上売れる見込みのない商品で価格差のあるものばかり仕入れてしまって不良在庫にしてしまったり、中古だけが売れていて実は新品が全く売れない新品商品を仕入れてしまって結局赤字で売る羽目になったりしてしまいます。

 

モノレートの基本部分の見方

今回は簡単にモノレートの基本的なチェック部分を解説します。
まずはランキング変動グラフです。

モノレートランキング変動グラフ

赤丸は追記しました。縦軸がランキング横軸が月日で、初期表示は直近3ヶ月が表示されています。
縦軸のランキングは上に数字が増えます。つまり下に向かえばランキングが若い数字になりますので、ランキングが上昇しているという事になります。

追記した赤丸部分で折れ線グラフが下に大きく振れています。商品が売れるとAmazonではランキングが上昇しますので、このグラフから読み取れるのは【直近3ヶ月で6回売れている可能性がある】という事です。

なぜ”売れた”ではなく”売れた可能性”という曖昧な表現にしているのかと言うと、これはコンビニ払い等で購入する手続きまでとったものの、最終的に購入キャンセルした場合は一旦ランキングがあがるもののキャンセル成立時には元の低いランキングに戻る事になります。その時にモノレート上は過去に取得した”売れたように見えたランキングの記録”が残ってしまうのです。

では、結局売れたかどうかわからないのでは?と思われがちですが、そうではありません。
こちらのグラフでは2回ランキングが上昇していますが、売れたのは一回です。
モノレートランキング変動グラフ_購入キャンセル
左側のランキング上昇が売れた場合のランキング推移です。一度大きくランキングが上昇し、その後売れなかった為なだらかにランキングが下降(グラフ上は折れ線が上昇)していきます。右側のランキング上昇は上昇後一気にランキングが元の位置に下降しています。このグラフがキャンセルされた時の動きになります。

しかし結局のところキャンセルするのが半月とか1ヶ月後とかにされてしまうとランキング変動グラフでは読み解けません。

完全に読み解く事は出来ませんが、モノレートにはランキングと出品者数を一覧にした表があり、そちらと合わせて確認していく事になります。

モノレート一覧表

先ほどのランキング変動グラフが数値化されたものが表になったデータがありますので、合わせてチェックしていきます。
赤枠は追記しました。この赤丸部分がチェックすべきポイントになります。

ランキングが上昇しているタイミングで中古出品者数が減少し、最安値が変動しているところに赤枠を追記しています。

最安値が変動しているという事は一番安い値段に設定しているお店から在庫が無くなったと考える事ができます。最下部の赤枠のように最安値が変動していない場合は、最安値に設定したお店が複数店舗あったか、最安値ではないお店から売れたかのどちらかになります。

このような感じで、商品のデータを分析する事で仕入れを行う判断をしていくのがモノレートのグラフの見方になります。

 

モノレートだけで十分と言い切る理由

有料のもので様々なサイトやヤフオクからAmazonとの価格差がある商品をピックアップしてくれるツールはありますが、結局価格差だけを基準にしていてはコンスタントに儲けることは出来ません

また、優秀なツールであればあるほど依存度が高くなってしまいますので、いざ不具合が起こったりツールの提供や更新が止まってしまったらたちまち仕入れが出来なくなってしまいます。

最初は慣れないかもしれませんが、データから分析して仕入れられるようになれば考える力も身に付いていきますので、結果的に安定して稼げるようになっていきます。その状態でツールを使うと飛躍的に仕入れが加速する事もありますので、モノレートの情報だけで仕入れが出来ないorやった事が無い方はぜひ取り組んでみてください。

今回はあくまで仕入れの観点における無料ツールの優位性についてのお話でしたが、管理や価格改定や経理面ではまた別問題ですので、また別途そちらは記事を書いていきたいと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ