AmazonFBA料金シミュレーターの利用活用方法

分析

Amazonで販売する場合に出来る限り正確な手数料を把握したい場合はFBA料金シミュレーターを使いますが、今回はその基本的な利用方法と活用方法をお教えします。

 

なぜ手数料計算が必要なのか?

以前もせどりの仕入れで簡単にAmazon手数料を計算する方法という記事を書きましたが、何故こんなに手数料に関する記事を書くのかといいますと、せどりでコレはイケる!と思って仕入れても実際売ってみると想定していた額より手数料が多かった為に利益にならないばかりか赤字になってしまう事があるからです。

ある程度仕入れに慣れた方は上記過去記事のリンクで紹介している方法で効率化を行ったほうがよいのですが、初心者のうちは手数料をある程度正確に捕捉しておいた方がよいです。

Amazonの手数料は単純な販売額の数%という風に決まっているわけではなく、大きいサイズのものになるとそれだけでイキナリ金額が高くなることもあります。慣れてくると感覚的に手数料がわかるのですが、やはり最初は手数料の高さに戸惑う事もありました。

そういった想定外の利益減や赤字を極力避けるために手数料の勉強をしておきましょう!

 

基本的な使い方

それではまずFBA料金シミュレーターの日本版を開いてみましょう。

FBAシミュ検索窓

画面上部に検索ボックスがあります。
ここにバーコード番号やASIN(Amazonの独自コード)や商品名を入力する事で登録されている商品を検索します。なぜ商品検索から入るのかというと、商品毎の手数料が異なるからです。

例として『fate』で検索してみると…

fate検索結果

複数出てきます。該当商品があれば選択します。
fateと名の付く商品はかなり多数ありますが、5つだけが表示されました。

バーコードやASINコードがわかれば該当商品がすぐに手数料を調べる次画面に移行しますが、商品名しかわからない場合は複数キーワードでも検索出来ますので調べたい商品を特定します。

 

真っ白だったページ下部にこの様な入力ボックスが現れます。
自己発送またはFBAからの発送で手数料が異なりますので任意の金額を入力して、画面右部にある[計算]ボタンをクリックします。

FBAシミュ金額設定

すると、手数料のシミュレーション結果が現れます。

FBAシミュ手数料結果

上記例の場合は2万2・3千円で販売して約1万9千円が自分の取り分です。

この商品が1万8千円以下で仕入れる事が出来れば千円以上の粗利益が出るという事です。
まぁ実際はそれだと利益率が5%を切ってしまうので仕入れをする人は少ないと思いますが…

つまり、この価格帯の商品は4・5千円くらいの価格差の商品を仕入れたところでたいした利益にならないという事です。よくせどり関連のセールスレターで◯千円の◯万円の価格差の商品をGET!とか書いてたりしますが、実際手数料を計算してみたら赤字になっている商品もあったりします。

見るべきは価格差ではなく、その商品でいくら利益が取れるか?を見なければいけません。

 

コストに仕入値を入れて粗利を出す

次に正規の使い方ではないのですが、コストを入力する欄があるので、そこに商品の仕入値を入れて粗利を出してしまう方法です。

FBAシミュコスト入力箇所

やり方は至って簡単です。
自己発送でもFBA利用でも共通しているのは

  • 納品時の配送料
  • 出荷準備費

の2項目になります。

ここに仕入値を入れる事で粗利の計算が出来ます。

FBAシミュコスト入力結果

1万6千円程度で仕入れる事が出来た場合の粗利は。約3千円程度になります。
利益率は14%程度ですので、低い利益率ではありますが利益は一応出る商品だという事が判断出来ます。

 

まとめ

今からせどりを始めようと考えている方や物販を仕事としてやった事が無い方は手数料が高く感じると思われますが、実店舗を持たずに圧倒的に大人数への販売が行える環境と考えて頂ければ、必要経費ととらえることが出来るようになってきます。

しかしながら最初のうちは手数料が理解出来ずに上手く利益を伸ばせない方も沢山いらっしゃいます。
そこで、最初のうちは手間かもしれませんが今回利用方法をご紹介した方法や以前ご紹介したせどりの仕入れで簡単にAmazon手数料を計算する方法を用いて、手数料に関する認識を高めて頂ければと思います。

 

わからない点等があれば遠慮無くお問い合わせフォームから御連絡頂ければと思います!
本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ